これからどうなる?保育士の働き方改革‼

保育士の負担が問題視されています。書類の多さ、行事の準備、保護者対応、環境整備などなど子ども達と楽しく遊ぶこと以外にやることがたくさんあります。仕事量が多く持ち帰りも当たり前になっているのが正直な現状でもあります。最近ではICT化も進んでいる園や市町もあるそうでアプリで仕事量の削減に繋げていたりもしています。私が働いている園でも今年は働き方改革をしよう!となりました。今までも早く帰るよう言われてきましたが、精神論だけで改革にはなっていませんでした。

・業務が減らないのに園長先生の帰れ圧で結局持ち帰り仕事が増える。

・行事の準備や書類が多すぎる。

・会議が長くてやりたいことができない。

・怪我の報告や保護者対応に時間が取られてしまう。

子どもの為に、保護者の為にとサービス残業するのが当たり前になっている所が多いのではないでしょうか?

保育士の給料はなぜ低い?なぜサービス残業が多い?

まず保育園の運営は国や市町からの給付金がベースになっています。子どもの人数に応じて給付額も変わりますがその分保育士も増やさなければなりません。その予算内で園を運営していかなければならないのです。

そして一番かかるのは人件費!公立保育園は年功序列で上がっていきますが、民間の園では予算から人件費を出していかなくてはなりません。なので給料を上げづらいというのが現状です。

私は公立の園ですがこれらの当たり前を見直ししようということになりました。

・行事は何のため?行事の必要性と準備の見直し

・書類はどうしたら効率よくできる?持ち帰らない為に

・保護者対応の見直しやドキュメンテーションでどう伝えるべきか

・環境やこれからの保育や行事についての検討時間などは大切にしたい!

これらをどうしていくか話し合いました。

行事は何のため?行事の必要性と準備の見直し

行事は保護者が楽しみにしていることであり、そのためについ入れすぎて準備にも時間が掛かってしまっているのではないか?子ども達と一緒に作りあげていくプロセスを大切にしていくことで準備時間も削減できるのではないか?卒園式の飾りなど保育士が当たり前に作っていたことも子ども達と作るのはどうか?など意見が出ました。日頃の保育を大切に過ごしていくこと、プロセスを大切にした行事を念頭にしていきたいねとなりました。

書類はどうしたら効率よくできる?持ち帰らない為に

持ち帰りが当たり前になっている中で、持ち帰りにならないためにどう工夫していくか?となりました。書類の簡素化と時間を確保するために今まで手書きだった書類をパソコンで提出してみることにしました。ちなみにICT化が進んでいるとテンプレートを貼り付けられたり、提出もアプリ内で共有出来たりと事務が楽になると思います。まだ私の園は進んでいませんがパソコンに慣れる!という意味もありパソコンでできることはなるべくするようにしています。

保護者対応の見直しやドキュメンテーションでどう伝えるべきか

早番のお迎えの保護者はたくさん話せるけど遅番の保護者はあまり話せないこともあり上手くドキュメンテーションで日頃の様子を伝えていけたら良いけど、ドキュメンテーションも様式がなく自由形式な為、写真を取り入れるだけで時間が掛かってしまいます。形式のベースがあってそこに入れ込む様式ができれば事務作業も削減できるのではとなりました。これからドキュメンテーションの形式も決めていく方向になりました。1から考えるのは大変ですが他の園や市町のやり方を参考にできればと思います。是非このやり方いいですよ!ってのあれば教えて頂けると嬉しいです。

環境やこれからの保育や行事についての検討時間などは大切にしたい!

仕事量が多いから削減する=質が下がる懸念もありますが、保育をしていく中で質を高めるための時間は大切にしていくべきだとなりました。日頃の遊びの環境づくりの時間や話し合いの時間を十分に取ること、子どもの成長や育ちについて話し合う時間は作っていくべきだと思います。

保育士自身の主体性を大切に楽しく仕事をすることが子ども達の主体性を育む!

保育士=大変、仕事量が多いなどマイナスなイメージも多いですが保育士が主体的に働ける環境づくりをしていくことが結果として保育の質にも繋がっていくと思います。保育士さんが疲労で心身削りながら働いているより、心の余裕を持って子ども達に接する方が安心して園生活を送れると思います。その為にこれから事務作業を改善できればと思います。是非、保育園で働いている方で見直すきっかけになればと思います。そしてこうやったらうまくいきました。これは上手くいきませんでした等、情報を共有して頂けたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA