何でも食べる子になってほしい!食育で大切なこと。

保育園で給食の時やお家でご飯を食べるときに好き嫌いが多くて全然野菜を食べなくて困った経験あると思います。

保育園でも

「これ食べないとデザートないからね!」

「好きな物ばかり食べていけません。」

と怒って食べさせている姿も見られます。もちろん子ども達が何でも好き嫌いなく食べられるようになってほしい!という思いから食べさせているのですが、これで子ども達は本当に食べられるようになるのでしょうか⁉

過去のトラウマから嫌いになってしまうことも!

無理やり食べさせられたことがトラウマになって今でも苦手な食べ物がある話も聞いたことがあります。無理やり食べさせられてその時は食べてもその子にとってはその場しのぎで食事自体が嫌いな時間になりかねません。では、どうしたら良いのでしょうか?

食育は「何を食べたか」より「どんな気分で食べたか」がとっても重要!

食べ物の好き嫌いは記憶と共に作られていきます。子ども達にとって食事は「楽しい時間」にしていくことがとても大切になってきます。楽しい思い出とともに好きと記憶されていくそうです。逆に嫌な気持ちで食べさせられた物は嫌いになっていきます。バランスよく食べてほしいという思いや忙しい中作ったご飯を食べなかったとき「せっかく作ったのに食べないなら片付けるよ。」「早く食べなさい。」と怒ってしましがちです。しかし、それは楽しい食事の時間でしょうか?

食事を楽しい時間に!

保育園では苦手な食べ物を無理に食べさせるより友達との会話や大人も一緒に美味しく食べるということを大切にしています。一人一人が「楽しい時間」になることに重きを置いています。その方が自分自身も楽しいです。すぐに何でも食べられるようになるわけではありませんが、好き嫌いなく何でも食べられるようになる為にはとっても大切だと思います。

苦手な食べ物は量を聞きながら調節してみる。

とはいえ好きな物ばかり食べてばかりでは心配になることもあると思います。苦手な食べ物も食べてみようとするきっかけ作りは保育園で実践しています。子どもに「どれくらい食べれる?」と聞いて子ども自身が「食べる」と決めるようにすることで自分から食べようとします。自分で決めることで途中で遊んでします子も不思議と自分から食べるようになります。

食事を素敵な思い出に!

家族で旅行に行きレストランで食事をする。キャンプに行って一緒にご飯を作って食べるなど楽しい思い出が好きな記憶になっていきます。思い出の時間をたくさん作っていくことが食育にも繋がっていくんですね。

自分自身が笑顔で食事ができるように。

とはいえ「食べなさい。」とイライラしてしまうことも多くあると思います。子どもを取り巻く大人たちが笑顔で楽しく食べる工夫をしていくことが子ども達の笑顔にも繋がっていきます。ときには「まぁいっか」と妥協してみるのもいいかもしれません。楽しいひと時となる食事が何よりの食育になるんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA