子ども達って面白い!

はじめまして。

愛知県で保育士をしています。こびと先生です。保育園での面白エピソードや子育てや保育に役立つ情報など発信し、子ども達と関わる人たちに『子どもって面白い!子育てって楽しい!』って思ってもらえたら嬉しいです。

そんな記念すべき第1回目の投稿はなぜ自分が保育士になってのか?生い立ち含め自己紹介していこうと思います。

 

プロフィール

愛知県のとある市町村で保育士をしています。今年で10年目になります。趣味は高校から続けているバスケです。

保育士になった理由

高校時代に遡ります。高校二年生になると卒業後の進路について考えなければいけません。周りの友達はとりあえず大学に進学する子か就職する子がほとんどでした。

そんな中、親からは「金ないから大学は行けんぞ!」と言われ、就職について考えていました。当時の自分は「工場で一生を終えるのはやだなぁ」「どうせならやりがいのある仕事をしたい!」と思っていました。やりがいのある仕事…旅行会社、美容師、介護士、そして保育士…

なんとなく考えながら部活動のバスケにいそしんでいました。当時のバスケ部にはOBの先輩がよく遊びに来てくれました。その中の一人に男性保育士として働くの先輩をみて「かっこいい✨」とあこがれの気持ちから保育士の短大に進むことにしました。

短大に入学と同時に一人暮らしも始めました。短大やバイトに部活とたくさんの新しい友達や経験をしたあっという間の2年間でした。

そして保育士の道へ

初めての担任は2歳児!気合とは裏腹に働き始めて感じたこと…思い描いていた仕事と現実が全然違う…

子ども達全然言うこと聞いてくれないし、やることいっぱいあるし、毎日大変だー

3年目は人間関係にも悩みもう辞めようかな…そんなことが頭によぎっていました。

ふと振り返ったときに何もかも中途半端な自分がいることに気付きました。自分で決めた道なのにこのままで良いのか?

まずは自分が出せる全力で仕事に取り組んでみよう。

そう思い7つの習慣や嫌われる勇気など人間関係について勉強することにしました。

この本を読む中で自分自身が主体となって楽しむこと、環境を作ることに気付かされました。子ども達との関わり方についても学ぶことができました。この2つの本は本当におすすめです。

あそび歌との出会い

保育士会研修であそび歌作家の鈴木翼さんが講師として見えました。初めての手遊びや踊り、歌に衝撃だったことを今でも覚えています。しかも元保育士とのこと。そんな道もあるんだと知りました。その時に感じたのは、保育士も全力で楽しむということ!面白い手遊びや踊りを子ども達としていく中で保育って楽しいと思うようになってきました。

初めての年長…

初めての年長はとても不安で自分にできるのか?と感じる方も多いと思います。自分もそう感じていました。自分はピアノが苦手で代わりにギターを代用して歌ってみることに。歌うことがめっちゃ楽しくなりました。次はあの歌を歌ってみたいな、この曲は子ども達も知ってるな。と歌の幅が一気に広がりました。発表会でも披露してとても喜んでもらえました。

作曲に挑戦!

他の市町村の男性保育士さんとの交流会があり話していると、「子ども達と歌を作ったよ。」と話す人が…自分もやってみたい!

どうやったら曲が作れるのか本を買ったり、調べたりして作ってみることに。発表会で披露すると感動してもらいました。

保育所保育指針の改定による保育の見直し

次の年から行事主体ではなく子ども主体で保育をしていきましょうとなりました。最初は今までやってきたことが否定されたような感覚になり、「小学校行ったら大丈夫?」「なぜにドキュメンテーション?」と疑問ばかりでしたが、まずはなぜそうなったのか調べてから否定しよう!と研修を受けたり、調べたりしました。その結果…めっちゃ大事‼ってなりました。これからの時代に大人のいうことを聞く子は良い子=大人になって成功する。そんな保証はどこにもありません。子ども達が自分のやりたいことを見つけて考えたり、試したりすることの方が大切なのだと学びました。これから学んだこと実践してみて感じたことなど発信していきますね。

そんなこんなで今も保育士を続けています。保育士になった理由は些細なことですが、保育士になって本当に良かった。

子育てをしている人、仕事をしている人、どんな人も楽しい人生を歩む権利は平等にあります。今の悩みや不安が解決するきっかけになればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA