子どもの片付けはやらせないとできない?主体的に片付ける方法と対策。

片付けの時間は皆さんにとってどのような時間でしょうか?

片付けの時間になったらいすぐに片づけをやってくれる子もいれば、全然片付けずにそのまま遊び続ける子。片付けの時になるとトイレに行きたくなる子。片付けのフリをしている子など様々だと思います。そのときに「片づけだよ。」「みんなで協力してやろ!」と声を掛けたり、やらない子に「片付けをしなさい!」と叱ってしまうこともあると思います。そういう時って子どもも「だってオレそのおもちゃで遊んでないし。」と言って反発することも…片付けをする時間から片付けさせる時間になっていることが多いと思います。とはいえ片付けをしないと困るのも事実。結果怒って片付けさせてしまうことになるのが現状です。ではどうしたら良いのでしょうか?自分から片付けるようにしていくための方法や取り組みについて紹介したいと思います。

片付けを自分からするようになるために

大人が片付ける姿を見せる。

これが一番大事だと思います。遊んでいると次第におもちゃが散らかっていくこともあります。そういう時に「片付けなさい!」と叱るのではなく、「片付けとくね。」と声を掛けてあげることで保育士やお母さんが片付けている姿から物を大切にする気持ちが育まれていきます。遊びの中で散らかりすぎないように大人が援助していくことで片付けを自分からするようになります。

片付けやすい工夫をする。

片付けの時に大人もめんどくさいなぁという気持ちは多少なりともあると思います。子どもも同じように片付けってめんどくさいものになってしまい、片付けさせないとやらなくなってしまいます。しまう場所が明確で簡単だと子どもも負担は減るのではないでしょうか?例えばブロックはここにいれるだけ!だと分かりやすいけど、色や形に分けて…引き出しに一つずつ…など細かすぎるとめんどくさくなってしまいます。シンプルかつ明確な場所にすることで片付けもしやすくなると思います。

片付けの時間を事前に知らせる。

事前に知らせることで子ども達の中で見通しや切り替えができるようになってきます。年長ぐらいになると「長い針が6になったら片付けね。」と伝えたり、一日のスケジュールで片付けの時間を知らせたりすることで見通しを持って遊ぶ子も出てきます。乳児期やまだ時間で知らせるのが難しい場合は「10数えたらおしまいね。」と遊びたい気持ちは受け止めつつ切り替えるまでの時間を数えてあげることで気持ちを切り替えて片づけをしてくれることもあります。

曲を流して楽しみながらお片付け♪

片付けの時間にBGMを流すことで片付けの時間を知らせるのと同時に子ども達が好きな曲で口ずさみながら楽しく片付けをする姿も見られます。楽しい雰囲気の中で片づけをするには音楽は一つの手段としてとても良い方法だと思います。

片づけを頑張っている子、手伝ってくれる子が損をしない関わり方を大切に

どうしても片付けをしない子が気になってしまい注意してしまいがちになりますが、片づけを自分から進んでする子のおかげで片付いているのが現状であるかと思います。中には遊んでないおもちゃも自分から協力してくれる優しい子もいます。その子たちにたくさんの「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えていくことで誰かの為にする=気持ちが良い。嬉しいというのが広がっていきます。片付けやお手伝いをしてあげることの喜びを感じられる関わり方を意識していくことで片づけが良いものになっていくと思います。

怒らなくてもできるような工夫をしてみよう。

片付けは保育園ではみんなで使う共有物を大切に使っていくためには大前提として大切なことです。しかし、怒らないとしない片付け、させないとやらない片付けが当たり前になっている場合、何らかの工夫をしていく必要があります。環境は人的環境と物的環境から成り立っています。今回のはあくまで手段の一つでありうまくいかないこともあります。物と人の観点から様々なアプローチをしていくことで保育や子育ての質の向上にもつながっていくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA