海賊ごっこで宝探し!

今年度は年少15名の担任をしています。昨年度の年長とまた違い、幼くて可愛いなぁって感じます。クラスでの発達の差があったり、まだまだ自分でできないことがあったりですが一人一人の個性を大切にしながら毎日楽しく過ごしています。

海賊ごっこの始まり

そんなある日、部屋で遊んでいるとAくんが紙を丸めて望遠鏡を作り海賊になりきっていました。望遠鏡で乳児が遊んでいる遊戯室を覗いて船長になりきっています。そこへBくんも参戦。二人で望遠鏡で覗くのを楽しんでいました。これは面白い!と思い海賊帽子や船を作ることにしました。すると大喜びで海賊帽子をかぶって海賊ごっこをし始めました。宝物を探す旅に出かけて望遠鏡で探し回っていました。そこで宝箱を用意してみるとすぐに発見!「宝があったぞ!」と大喜び!(ただ中身は何もありませんが…)船に乗って大航海を始めていました。

海にいる魚を泳がせてみると!?

海賊船の周りを不織布で海に見立ててみることに。海と言えば魚?と思い年少でも簡単に作れる三角形を合わせた魚を泳がせてみました。すると「作りたい!」と興味を持った子と早速一緒に作りました。魚が泳いだら…魚釣り?と思い磁石をくっつけた新聞紙のつり竿と魚の口にクリップをつけてみることに。魚釣りも大盛況で釣っては海に返して釣っては海に返してを繰り返していました。海賊ごっこから魚釣りごっこに発展し大盛り上がりです。

伏線の宝箱はどう使う?

宝箱はまだ遊びには使ってなく飾ってあります。今度は宝箱が海賊に盗まれて宝探しゲームをしようと思います。そして宝箱の中には…宝箱がざっくざく!?✨海賊ごっこで子ども達の心はどんな動きをするのかな?海賊になって冒険するドキドキ感!宝箱を探すワクワク感を大切にしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA